仮設住宅と地域の合同夏祭り

仮設住宅の住民と地域住民の繋がりをもつ取り組みが多かったのです。
季節の行事はもちろん、毎月絵手紙教室だったり料理教室だったりと楽しみにされている人も多かったです。
私が参加した夏祭りは地域で開催する夏祭りと仮設住宅の夏祭りが別々なのを考え直そうと言ってくれた自治会長の取り組みがあって、その年から合同開催になったのです。
昼の部、夜の部と開催される夏祭りの昼の部のお手伝いに行ってきました。

 

大学生のボランティアサークルが無料の出店を作ってくれて、輪投げやボール投げ、かき氷や焼きそばなど充実した内容でした。
私は客寄せの看板役だったので道路の側に立って誘導していましたが、その恰好にインパクトがあったようで子供に人気でした。私が着ていた手作りの衣装を代わる代わるに子供に着せて記念写真を撮るお母さんの順番待ちができたほどでした。
老若男女が集まって、賑やかな夏祭りは応援に行った私も楽しめました。
最後は全員でダンスをしたのが、また楽しかったです。